« 2013.06 一般質問① 学校メール配信システムについて | メイン | 2013.06 一般質問③ 西武線署名活動と市職員西武線利用促進について »

2013.06 一般質問② 固定資産台帳の電子化について

くわけん 資産税課で管理している固定資産台帳の公図、これはマイラー図面というプラスティック板で管理しているが、どのように利用しているのか?
桑野財務部長 マイラー図面の利用状況は、土地の評価事務と実地調査の補足資料として利用している。窓口での利用方法としては、公図の閲覧、写しの交付を行っている。

くわけん 災害時用にこの公図のバックアップは作成しているのか?
桑野財務部長 バックアップは作成していない


くわけん マイラー公図のデジタル化をすべきと考えるが、デジタル化の費用はどのくらいになるのか?単純にスキャニングする場合と、データのベクター化の場合とそれぞれの費用はいくらぐらいになるのか?また、現状の場合のランニングコストは?
桑野財務部長 デジタル化の費用は約2,700万円。スキャニングしデータを作成する費用は、約98万円。ベクター化についてはスキャニングで作成したイメージデータを分筆や合筆などの修正ができるデータに加工する費用であるが、約1,500万円あわせて約1,598万円。次に現行のマイラー公図のランニングコストは年間約90万円。


くわけん 毎年撮影している航空写真とマイラー公図との連携を図るべきではないのか?
桑野財務部長 マイラー公図と航空写真を重ねた場合、ズレが生じるので、航空写真にあわせて修正することはできない。

くわけん 今後のマイラー公図の運用についてどのように考えるのか?
桑野財務部長 マイラー公図については現在通常の業務や市民サービスにおいて特に支障なく利用されているので、現状の運用を継続していきたい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuwaken.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/495

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)